家事の簡略化に繋がる食洗器の選び方

食洗器の導入は食器洗いの手間を大幅に省くことが出来るのが利点です。現在の食洗器は性能の向上によって油脂やでんぷん質などの厄介な汚れも綺麗に除去することが出来ます。

特にシステムキッチンに組み込む形のビルトイン型は場所を取らないので便利です。用途に適した食洗器の選び方を学び、家事の簡略化に繋がる機器を活用しましょう。

食洗器は食器の衛生管理に役立つ機器

従来の常識では食器は手で洗うのが普通とされていました。これは油脂やでんぷん質、焦げ付きなどは強く擦らないと除去出来なかったためです。また、初期の家庭用食洗器は洗浄力が弱く、汚れが残っていることが多かったのも食洗器の普及が遅れた理由の一つです。

しかし、技術の発達によって食洗器の性能が上がり、手で擦る必要があったしつこい汚れも簡単に洗い流すことが可能になりました。また、手洗いでは扱いが難しい熱水での洗浄も出来るため、食器の洗浄と消毒を両立させることが可能です。

食洗器によっては乾燥機能が付いている物もあるので、濡れた食器を拭く必要がありません。タオルや手の雑菌で食器が汚染されるリスクを回避出来るので、適切な衛生管理に役立ちます。食洗器が衛生管理に役立つ理由は高圧の水流で汚れを除去する機能も関係しています。

手で洗う場合、スポンジやたわしで汚れた部分を擦りますが、目に見えない汚れや雑菌は食器に付着したままになる問題があります。食器の汚れは水道から出る流水の水圧では洗い流すことは出来ません。しかし、食洗器は高い圧力で水を噴出することから、手洗いでは除去出来ない汚れも綺麗に洗い流すことが可能です。

目に見えない雑菌も汚れと一緒に除去出来るので、気づかないうちに食器が汚染される心配がありません。高圧の水による洗浄は短時間で済むので節水の効果もあります。水道代を節約出来る他、排水量を減らすことで環境保護に貢献出来るのも大きな魅力です。

ビルトイン型の食洗器は場所を取らず、容量も大きいのが魅力

システムキッチンに組み込んで使用するビルトイン型の食洗器は場所を取らないのが大きな特徴です。キッチン下部の収納スペースを食洗器の置き場所に転用するので、作業スペースが狭くならないメリットがあります。

また、容量も大きく取ることが出来るので、サイズの大きい食器や調理器具の洗浄も可能です。食洗器のサイズによっては食器を入れるカゴが二段に分かれているので、一回の洗浄で多くの食器が片付きます。構造についてはシステムキッチンの内部に機器全体が収まる形になっているので騒音が外部に漏れにくく、夜間に使用しても周りに迷惑がかかる心配がありません。

(食洗器を利用するメリット)

卓上型の食洗器は設置やメンテナンスが簡単

卓上型の食洗器は置き場所を確保する必要があるので、キッチンの作業スペースが狭くなってしまいます。また、電源コードや排水用のホースが剥き出しになるので見栄えが悪くなるのも欠点の一つです。容量もビルトイン型の食洗器と比べると小型に留まるので、洗浄の回数が多くなる傾向があります。

しかし、卓上型の食洗器は設置が容易なのですぐに使うことが出来るのが大きな利点です。ビルトイン型のようにシステムキッチンへの組み込みを行う必要が無く、給排水の設備と電源を確保すればどこに置いても使用が可能です。

設備の改造が出来ない賃貸住宅にも導入出来る他、故障した際の修理や買い替えも容易です。購入費もビルトイン型より安いことから、初めて食洗器を導入する人に向いています。

食洗器を正しく使うための注意点

食洗器は一切の手作業を行わずに食器の洗浄や乾燥が可能な機器です。しかし、扱い方を誤ると汚れを落とす機能が低下したり、機器が故障することがあります。

食洗器が故障する原因は洗剤の間違った使い方が多数を占めます。食洗器には専用の洗剤が付いていますが、これは市販の食器用洗剤をそのまま使うと目詰まりなどの不具合を引き起こすためです。そのため、洗剤が切れても市販の製品で代用してはいけません。

また、食洗器は熱水で洗浄を行うので、食器を洗った直後に内部に触れると火傷の危険があります。用途の性質上、内部に汚れが溜まりやすいので定期的に洗浄を行うのが清潔に使うための条件です。力任せに擦ると傷が付いて腐食するおそれがあるので、柔らかいタオルで拭き取るのが正しい掃除の方法になります。

食洗器を正しく使うには給排水設備の取り付けが重要なポイントです。ビルトイン型は機器全体がシステムキッチンの収納スペースに入るので、設備の着脱には大きな手間がかかります。素人作業では適切な設置は困難なので業者に依頼するのが無難ですが、作業工賃が発生するので金銭の負担が増えてしまいます。

一方で卓上型の食洗器は給排水設備の取り付けが簡単なので、購入したその日から使うことが出来ます。特別な工事は不要なので業者に頼る必要が無く、余計な支出に悩むこともありません。その反面、設備が剥き出しなので見栄えが悪く、外部からの強い衝撃で破損するリスクもあるのがビルトイン型には無い欠点です。

(最小クラスの食洗器が熱い!広がりを見せるマーケット)

食洗器を快適に使うための工夫

初期の食洗器は性能が低かったため、食器の汚れが残ってしまうことがありました。現在は性能が向上したことにより、正しい方法で使えば汚れを綺麗に洗い流すことが出来ます。その一方で稀に食器の汚れが残ってしまうこともありますが、このような不具合は事前にひと手間をかけることで解消することが可能です。

汚れがこびり付いている食器はつけおきをする、表面を軽く水洗いするなどの工夫で綺麗に洗うことが出来ます。茶碗やグラスは噴出する水が全面に当たるように、斜めの状態で置くのが綺麗に洗うための工夫です。また、食洗器には汚れをキャッチするフィルターが付いていますが、汚れが溜まると洗浄機能が低下します。

そのため、定期的にフィルターを洗浄することも忘れてはいけません。食洗器を快適に使うには洗う食器の数にも気を配ることが大切です。

容量の大きさを謳う製品が多いですが、内部が詰まるほどの数を入れてしまうと洗剤を含んだ水が行き渡らず、汚れが残ってしまうことがあります。空きスペースを十分に確保出来る数に留めるのが綺麗に洗うための条件です。

特にフライパンなど大型の調理器具は場所を取るので、食洗器で洗う際は他の食器を一緒に入れないのが賢明です。容量が大きい食洗器であっても食器や調理器具の入れ過ぎは避け、複数回に分けて洗うのが清潔な仕上がりに繋がります。